ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

ショップ・アフィリエイト系ワード 情報・ニュース系ワード

【カウボーイビバップ】90年代人気アニメ・アメリカで実写ドラマ化

更新日:

 

 

1998年に放送され、新作が発表されることなくとも現在まで人気を継続させているアニメ作品「カウボーイビバップ」が現在注目を浴びており、Google急上昇ワードにて11位を獲得しました。

それでは6月7日水曜日の上位ランキグと、なぜ「カウボーイビバップ」が11位になったのか? そして「カウボーイビバップ」の今後の動向について予想していきましょう。

 

2017年6月7日水曜日 急上昇ワード

 

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 おばたのお兄さん
2 サッカー 日本代表 ☆☆☆
3 ポケモン ☆☆
4 華原朋美 ☆☆
5 大坂正明
6 藤井聡太 ☆☆
7 梅雨入り ☆☆
8 火星ヤシ
9 手越祐也 ☆☆
10 うどんが主食
11 カウボーイビバップ

表の見方

 

2017年6月7日水曜日は以上のようなランキングとなりました。

注目ワードは「大坂正明」と「藤井聡太

知名度がまだ低いワードですが、直近での関心率は高いものとなっております。

また、同じ人物系のワードにおいては
4位の「華原朋美」も注目です。

昨今あまり騒がれることのなかった芸能人ですが、直近1年の検索の動きをみてもしっかりと関心があることがわかりました。

このように、過去に栄光や話題をしっかりと作った芸能人の話題を追いかけることも重要と思われます。

 

【11位に注目】
「カウボーイ・ビバップ」について


カウボーイビバップ公式サイト

COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1 Soundtrack カウボーイ ビバップ CD

価格:3,800円
(2017/6/10 23:13時点)
感想(0件)

「カウボーイビバップ」は1998年4月から同年6月まで放映され、その後放送局を変えて同年10月から翌年1999年4月まで放映された、全26話の日本のアニメーションです。

2001年には映画も上映され人気を博しました。

1998年11月開催の第3回アニメーション神戸で作品賞・テレビ部門を受賞。

2000年の日本SF大会で星雲賞メディア部門を受賞。

主役の声優を人気声優である山寺宏一が演じていることも有名です。

 

カウボーイ・ビバップが11位になった理由

 

アメリカのテレビ制作会社Tomorrow Studiosがカウボーイビバップを実写ドラマ化するニュースが取り上げられ話題となりました。

同社は人気ドラマ「プリズン・ブレイク」「ティーン・ウルフ」などを手掛けた会社で期待を寄せられます。

同時に日本のアニメーションや漫画の海外での実写化の多くが興行的失敗や、原作の世界観崩壊などで日本国内で話題にあがることが多く、心配の声もあがっております。

 

プリズン・ブレイク シーズン1<SEASONSコンパクト・ボックス> [ ウェントワース・ミラー ]

価格:2,400円
(2017/6/10 23:11時点)
感想(38件)

 

★「カウボーイビバップ」実写化!アメリカでテレビシリーズとして製作へ
★実写映画版「カウボーイビバップ」の制作費は5億ドル?キアヌ・リーヴスが明らかに
★海外「絶対に反対だ!」 アニメ「カウボーイビバップ」、アメリカで実写TVシリーズ化発表に外国人が困惑 海外の反応

 

海外にもファンが多く存在するようで、今回の実写ドラマ化は世界中から注目をされているようです。

 

カウボーイ・ビバップの動向予想

 

 

検索ワード「カウボーイビバップ」の過去1年の人気動向グラフです。

放映や映画上映が終了して16年以上経っている作品にも関わらず、関心度が「0」になることなく検索をされ続けています。

それだけ根強いファンがいるということがわかります。

「カウボーイビバップ」関連ワード

・実写
・動画
・op
・スロット
・スパイク(主人公の名前)
・菅野よう子

 

関連ワードの「菅野よう子」に注目してみます。

彼女は多くの人気アニメ作品のサントラを手掛けており、その繋がりで、別アニメ作品のファンがカウボーイビバップに辿り着くような流れも出来ているようです。

カウボーイビバップのオープニング曲が特に注目されているようですね。

 

それでは最後に「カウボーイビバップ」というワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

カウボーイビバップ ★★★☆☆

 

関心度や知名度が高いわけではありませんが、過去1年の人気動向グラフで「0」が一度もない点は大きいです。

少なくとも、アニメ全般やドラマ全般の情報を紹介しているサイトやブログであるならば、取り上げなければいけない作品のひとつといえるでしょう。

検索頻度については上昇傾向にあります。

ドラマの放映が開始すれば、更なる検索およびサイトへの訪問の期待が上がります。

アフェリエイトブログではカウボーイビバップのCDのみならず、菅野よう子のCDを紹介するのも良いと思われます。

 

ただ・・・

 

若干「カウボーイビバップ」のネット市場は情報量的に潤っている感もあります。

流石に16年以上前の作品なので、ネット社会でも老舗や重鎮サイトが出来上がってしまっています。

なので、記事作成をする際は、

「カウボーイビバップ 実写」

「カウボーイビバップ ドラマ」

というように、アニメと差別化できるよう配慮が必要です。

 

以上、6月7日水曜日11位ワード「カウボーイビバップ」の検索ワード動向予想でした。

 







-ショップ・アフィリエイト系ワード, 情報・ニュース系ワード
-

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.