ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

ショップ・アフィリエイト系ワード 日記・話題系ワード

【馬場ふみか】”ぐぐりば”読んでみんなバズった?? ヒット件数急上昇「横雪コンビ」がコード・ブルーで大ブレイク!! 魅力を検証!!

投稿日:


 

9月18日に最終回を迎えたフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」

今シーズンのコード・ブルーにおいて、一番注目を浴びていたのは、主演の山下智久でなく、共演の新垣結衣でもなく、新人ナース役で新規参加した「馬場ふみか」でした。

実際、Google検索においてもその人気の上昇ぶりが伺え、当初「コード・ブルー」放送間もない頃の馬場ふみかの検索ヒット件数は約90万件ほどでしたが、放送終了までの約3ヶ月のあいだに約180万件と倍のヒット件数に増殖。

当ブログ”ぐぐりば”でも、9月4日月曜日の報告として「馬場ふみか」を取り上げたところ、ブログ開始からのトータルPV数において最高値をマーク。

見事に馬場ふみかでバズりました。

今回は「号外」と銘打って、そんな馬場ふみかの魅力に再度迫ってみようかと思います。

【馬場ふみか】ギリギリ惜しい!? メディックでコード・ブルーな現グラビア界最高峰女優が「最高峰」止まりな理由!! 【利は勤むるにおいて真なり】

2017年7月から9月までのグラフを検証

検索ワード「馬場ふみか」の2017年7月1日から9月17日までの人気度動向グラフです。

現段階では18日の分が集計されておりませんでしたが「人気度100」に近い山が一番右に形成されていると思われます。

コード・ブルーが放送開始したのが7月半ばなので、それ以前と放送開始では世間の注目度が全く違うことが明確にわかります。

確実にステージをひとつ上げた形となった馬場ふみか。

今後はどのように芸能界で人気と知名度を上げていくのでしょうか?

演技に対しての「上手い」「下手」が分かれたのが勝因!?

コード・ブルー3の放送開始当初、ネット上にはこれまでのレギュラー陣である山下智久や新垣結衣、戸田恵梨香といった面々が、7年ぶりの新作にも関わらず、以前のイメージと変わらずの演技をこなしており安心したという声が多数上がっておりました。

が、同時に今期より参入した新メンバーである馬場ふみかや、新木優子に対して、

「完全に浮いている」

「周りとの演技の掛け合いがうまく出来ていない」

といった、否定的な意見が多数飛び交っておりました。

正直、これについては制作サイドの計算通りといったところでしょう。

物語的にも、既存メンバーと新規メンバーがなかなか咬み合わず、歯がゆい状態が続く内容でしたので、それは演技というよりも「演出」といったところ。

そんな否定的な意見を吹き飛ばす、馬場ふみかのベテラン並みの迫真の演技を見て、世間はかなり驚いたハズです。

実際、ネット上では馬場ふみかの演技に対しての評価は高く、モデルあがりのカワイイだけの女優では決してないという意見が多数上がっております。

このように「上手い」「下手」や「肯定」「否定」といった両極端な意見がネット上で飛び交うことにより、ワードの検索数は倍のスピードで上がっていくこととなります。

馬場ふみかは、今回のコード・ブルーで、そのラインにうまく乗ることができました。


横雪コンビというブランドの確立

馬場ふみかと同じく、今期コード・ブルーから新規参入の女優「新木優子」と、馬場ふみかは、同じ新人ながら、

馬場ふみか → プライドが高く上昇志向。やや内向的。

新木優子 → 素直で明るい性格。ややマイペース。

と、対照的な性格で描かれております。

物語的にも、視聴者的にも比較対象となってしまう2人ですが、この2人が物語が進むに連れ、内向的であった馬場ふみかが周りとも打ち解けていくようになり、マイペースであった新木優子がチームのために強くなっていったりと、お互いの短所がお互いの存在により補われ成長しきます。

その姿は、視聴者にたいへん大きな共感を呼び、いつの間にか役名の頭文字をとって「横雪コンビ」と呼ばれるようになりました。

ドラマの外でも比較対象となる立場に

馬場ふみかと同じく、実は新木優子も女性ファッション雑誌「non-no」の専属モデルであります。

馬場ふみかが14歳のときに地元フリーペーパーのモデルにスカウトされたように、新木優子も原宿の竹下通りでスカウトされ芸能事務所スターダストプロモーションに所属。

馬場ふみかがモデルとして活躍している最中に、新木優子は馬場ふみかの映画初出演より6年早い2008年から女優の仕事を始めておりました。

しかし、今回のコード・ブルーでは女優経験の浅い馬場ふみかが、演技力において6年先輩の新木優子に肩を並べる形となり、現状では五分と五分。

コード・ブルーでの共演を軸に、この2人は今後なにかと比較される対象となりそうです。

 

これからの 馬場ふみか について

前回、2017年9月4日月曜日の報告記事において馬場ふみかに注目した際、価値判断として

 

馬場ふみか ★★★★☆

 

と、させて頂きました。

予想通り、検索ワード「馬場ふみか」は大いに盛り上がり、当ブログ”ぐぐりば”を参考に、馬場ふみかを自身のブログにて取り上げた方は、月曜日のたびに高アクセスを得られたのではないかと思われます。

Google急上昇ワードにおいても、最終的に「コード・ブルー最終回」の当日である9月18日時点で、出演者の中で唯一上位に残ったのは馬場ふみかのみ。4位にランクインしました。

ただ、9月4日の報告記事にも書いたように、馬場ふみかの「裏方」・・・つまり、所属事務所や、マネージャーについて言及させていただくと、馬場ふみかの扱い方が下手

盟友でありライバルである新木優子は、キチンと2017年10月からのドラマ出演、2018年の映画出演を現時点「劇場版コード・ブルー」も含めて3本決めております。

が、かたや馬場ふみかはノースケジュール。唯一、劇場版コード・ブルーがあるだけです。

もちろん、バラエティトーク番組の出演や、グラビアの仕事はあるのでしょうが、せっかく登り上げた女優の階段の、次の段を用意し忘れている状態。

まあ、女優としてはテレビや映画でなく「舞台」が2018年にはあるそうなのですが・・・

今後のテレビドラマや映画出演の為の下地作りとしての舞台出演なのでしょうが、ちょいともったいない気もしますね・・・

それでも高いポテンシャルをもった女優、馬場ふみかは、今後も大きく羽ばたいていくと思われます。

是非とも「馬場ふみか」の関連記事を作成し、大きなアクセス数を獲得してください!!

 

以上、9月18日月曜日”号外”「馬場ふみか」でした。







-ショップ・アフィリエイト系ワード, 日記・話題系ワード
-

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.