ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

ショップ・アフィリエイト系ワード 日記・話題系ワード

【いつだって僕らの恋は10センチだった】アニメがドラマにとってかわる日も近い!? 将来に向けてアニメ業界がチカラを入れなければいかないのは実は「声優」!?

更新日:


2017年11月25日土曜日の報告

11月25日土曜日のGoogle急上昇ワードは、上位ランクにアクセスが集中し、ランキングは10位までしか発表されませんでした。

今回は、11位ではなく10位について報告致します。

HoneyWorks原作のアニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった」が11月25日土曜日のGoogle急上昇ワードにて11位になりました。

11月25日土曜日の上位ランキグと、なぜ「いつだって僕らの恋は10センチだった」が10位になったのか? そして「いつだって僕らの恋は10センチだった」という検索ワードの動向について予想していきましょう。

2017年11月25日土曜日 急上昇ワード

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 柴崎岳
2 浦和レッズ ☆☆
3 白石麻衣
4 チャットモンチー ☆☆
5 吉岡里帆 ☆☆
6 ローラ ☆☆ ☆☆
7 川口春奈
8 金沢 ☆☆☆
9 鳥取砂丘
10 いつだって僕らの恋は10センチだった ?? ??

表の見方

10位ワード「いつだって僕らの恋は10センチだった」のワード分析はこの項目の下↓にあります

2017年11月25日土曜日 の 動き

1位 柴崎岳

来年のサッカーW杯ロシア大会の日本代表入りを目指すMF柴崎岳と、ハロー!プロジェクト出身の人気女優である真野恵里菜が真剣交際していることが報道されました。

昨秋に出会い、日本とスペインという約10,000kmの遠距離ながらじっくり愛を育んでいます。

2位 浦和レッズ

Jリーグの浦和レッズが25日、アジア最高のサッカークラブを決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で10年ぶりの頂点に立ちました。

「言葉にならない……」と感極まる決勝ゴールのラファエル・シルバ選手の胸には、メインスポンサーである「MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES」のロゴが控えめに刻まれていました。

3位 白石麻衣

テレビ朝日系バラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」で11月24日、“女性がなりたい顔-1GP団体戦”を放送しました。

バラエティで活躍する30人の女性芸能人を対象に、18~39歳の一般女性100人に「なりたい顔」をアンケート調査して順位をつけました。

番組はスタジオに出演したメンバーの順位を予想する形で進んだことから一部のランキングしか分かりませんでしたが、例外として1位だけは乃木坂46の白石麻衣だと公表されました。

6位 ローラ の ”ぐぐりば”過去記事もどうぞ

【ローラ】所属事務所Liberaと大揉め中!? けど、ぶっちゃけ彼女自身の影響力と集客力なら「なんとかなる」んじゃね?? 色々分析してみました!!

【ローラ】オシャレ業界「不動の2位」は流行が変わっても影響力無限大!? このビジュアルが果てしないアクセスを生み出す!!



【10位に注目!!】「いつだって僕らの恋は10センチだった」について

「いつだって僕らの恋は10センチだった」はHoneyWorks原作のアニメーション。

総監督は難波日登志、監督は塚田拓郎。

アニメーション制作はLay-duceです。

2017年11月24日より、TOKYO MX/BS11/群馬テレビ/とちぎテレビにて放送開始。

HoneyWorksは、ニコニコ動画やYouTubeなどで作品を発表し、関連動画の再生数が合計4億回を超えるクリエイターユニットです。

彼らが手掛ける「告白実行委員会」シリーズとしてテレビアニメ化されました。

高校生同士の恋愛ストーリーで、美術部の合田美桜と、映画研究部の芹沢春輝との、友達以上恋愛未満の関係が描かれております。

 

いつだって僕らの恋は10センチだった が10位になった理由

11月24日より放送開始となったアニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった」のブルーレイ&DVDが早くも2018年3月21日(水)に上巻、2018年4月25日(水)に下巻の発売が決定しました。

このネットニュースは1日前の25日に発表されましたが、情報がツイッターなどで広く拡散され、ゆっくりと26日のGoogle急上昇ワードの11位にランクインしました。

いつだって僕らの恋は10センチだった の ホームページなど

★いつだって僕らの恋は10センチだった。

★HoneyWorks アニメ公式 (@HoneyWorksMovie) | Twitter

何度だって、好き。~告白実行委員会~ (初回限定盤 CD+DVD) [ HoneyWorks ]

価格:4,104円
(2017/11/29 14:35時点)
感想(13件)

告白予行練習 (角川ビーンズ文庫) [ HoneyWorks ]

価格:626円
(2017/11/29 14:36時点)
感想(9件)

 

いつだって僕らの恋は10センチだった の 動向予想

検索ワード「いつだって僕らの恋は10センチだった」の過去1年(12ヶ月)の人気動向グラフです。

残念ながら、あまり関心をもたれていないようで、検索アクセスの統計データが存在しないようです。

尚、関連ワードや都道府県ごとの人気度統計もありませんでした。

放送は開始しているので、来週あたりにはデータもそれなりに揃っている可能性はあります。

 



いつだって僕らの恋は10センチだった の 価値を判断

それでは「いつだって僕らの恋は10センチだった」という検索ワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

いつだって僕らの恋は10センチだった ★★☆☆☆

 

世界マーケットから見て、日本のアニメーションは娯楽産業のひとつとして大きく注目されております。

理由として、

・Amazonプライム、Hulu、Netflixなど、ネット配信でのビデオオンデマンド市場の拡大

・アニメ映画「君の名は。」のアジア圏での興行成功。アメリカ進出の成功

・実写ドラマコンテンツと比べ、製作予算が低額

などが挙げられます。

現在、映像娯楽産業において、映画が大きく衰退しており、その理由には視聴者側の鑑賞環境が変わったことが要因しております。

世間の視聴者は、映画館やテレビだけでなくスマフォやタブレットといった小型のモニターにて映像を楽しむようになっており、120分近い長尺の映画は、その視聴方法には合わないものとなってしまっております。

現在、ビデオオンデマンドの世界では40〜60分ごとの連続ドラマが主流コンテンツとなっております。

アニメーションは30分ごとの連続作品となるため、スマフォやタブレットでの視聴条件に大きくマッチングしてるといえます。

また、実写と違い、映像がハッキリ鮮明としており、顔のアップが続いたとしても威圧感がないアニメーションは、小型モニターでの視聴において実写映像よりも大きくアドバンテージを誇っております。

ドラマと、ほぼ同じ視聴者数をもつコンテンツに発展!?

上記のような背景から、今後アニメーションは、

「ドラマにとって変わるコンテンツ」

とまではいかなくとも、

「ドラマと、ほぼ同じ視聴者数をもつコンテンツ」

に発展する日は、そう遠くはないでしょう。

その為、これまでのアニメーションといえば、子供向けのものであったり、SFやファンタジー、そして萌え系のものが中心でしたが、現在の日本で放送されているドラマとなんら変わらない脚本内容でのものが増えてくると予想されます。

今回放送された「いつだって僕らの恋は10センチだった」については、まだ時代がそこまで追い付いていないので「★星2つ」と低い価格評価となりましたが、間違いなく今後注目されていくであろう「ドラマにとってかわったアニメ」の黎明期作品として後世に名を残す可能性は大いにあります。

ドラマにとってかわるための問題点

アニメがドラマにとってかわる・・・に向けて、現在の日本アニメが抱える大きな問題があります。

それは、

「現在の声優では方向性が違う」

ということです。

現在の日本のアニメ業界が抱える声優の殆どは、子供向けアニメや、SF、ファンタジー、萌え系のアニメコンテンツに起用されるよう育成されております。

もちろん、それらのコンテンツには方向性としてぴったり合うのですが、これから来る「ドラマにとってかわるアニメ」となると「芝居役者」としての力量が、かなり大きく関わってきます。

これを解消、発展させるためには、声優の「副業」を大きく見なおす必要があるかと思われます。

現在の声優業界では、声優のメイン活動は、アニメやゲーム作品の出演、海外映画ドラマ等の吹き替えですが、副業として「タレント活動」が行われております。

タレントとして、メディアに出演したり、歌って踊ってCDを出してコンサートを開いて収入を得たりしております。

が、それでは、いわゆる「アイドルあがりの声優」みたいなものが育つだけの環境となってしまっているのが現実です。

出来ることなら、この副業という部分を「俳優」「女優」として、舞台やテレビドラマに出演する方向でもっていければ・・・と考えたりもします。

例えていうなら、テレビアニメ「アンパンマン」のアンパンマン役である「戸田恵子」レベルの声優を、日本のアニメ声優陣は目指すべきというところです。

戸田恵子は、アンパンマンをはじめとして、ゲゲゲの鬼太郎の「鬼太郎」など、数々のアニメ声優をこなしておりますが、同時にテレビドラマ、映画女優でもあり、代表的なものとしてフジテレビ系「ショムニ」や、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちゅらさん」に出演しております。

正直なところ、日本の声優が、本業の俳優や女優に、収入的やタレントとしての価値的に2歩も3歩も遅れをとってしまっているところは、

「芝居」「演技」

で、2歩も3歩も遅れをとってしまっているからです。

この「芝居」や「演技」というものについてはしっかりと価値があり、その芸術点に見合って俳優や女優は収入を得ております。

その域に達することはなくとも、せめて「あと一歩」のところまで日本の声優陣が「芝居」と「演技」にチカラを注いでいければ、日本のアニメ業界も更に潤っていくのではないでしょうか?

 

以上、11月25日土曜日10位ワード「いつだって僕らの恋は10センチだった」の動向予想でした。







-ショップ・アフィリエイト系ワード, 日記・話題系ワード
-

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.