ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

ショップ・アフィリエイト系ワード 日記・話題系ワード

【ワンフェス】ガレキの祭典WF!! リピーター率の高さから来場者数は年々増加? だがアクセス数は低下? その裏に隠された実態とは!!?

投稿日:

2017年7月30日日曜日の報告

造形メーカー海洋堂が主催する世界最大のガレージキットイベント ワンダーフェスティバルこと「ワンフェス」が7月30日日曜日のGoogle急上昇ワードにて11位になりました。

7月30日日曜日の上位ランキグと、なぜ「ワンフェス」が11位になったのか? そして「ワンフェス」という検索ワードの動向について予想していきましょう。

 

 

2017年7月30日日曜日 急上昇ワード

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 24 時間 テレビ マラソン ☆☆ ☆☆
2 ヤマカガシ
3 横浜市長選挙
4 東海大菅生 ☆☆
5 鈴鹿 8 耐
6 吉川愛
7 手越祐也 ☆☆
8 ポドルスキ
9 野沢直子
10 RIZIN
11 ワンフェス ☆☆

表の見方

11位「ワンフェス」のワード分析はこの項目の下↓にあります

 

2017年7月30日日曜日の動き

ワンフェスがGoogle急上昇ワードで7位にランクインした2017年7月30日月曜日の上位ランキングは以上のようになりました。

 

1位は毎年夏恒例のチャリティー番組 日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」にて出走するマラソンランナーについての話題となりました。

今回のマラソンランナーは、番組当日にての発表とこれまでにない内容で、それでも世間が噂する候補としては、

・りゅうちぇる(モデル・実業家)

・水卜麻美(日本テレビアナウンサー)

・ブルゾンちえみ(お笑いタレント)

の3名に絞られているようですが、実際はどうなるのでしょう?

番組的にはこの話題で、放送当日まで引っ張りたいのでしょうね・・・

★24時間テレビ 愛は地球を救う|日本テレビ

【11位に注目】「ワンフェス」について

「ワンフェス」ことワンダーフェスティバルは、1984年より開催が始まった、造形メーカー株式会社 海洋堂 が主催する、ガレージキットのイベント。

当初1984年からの開催においては、アニメーション制作会社 株式会社ガイナックスの前身であるゼネラルプロダクツが主催していましたが、1992年の夏から海洋堂が主催を引き継ぎました。

プロ、アマを問わないガレージキットやフィギュア、模型、造形物の展示および販売が目的とされておりますが、同時にフリーマーケットやコスプレイベントも併設して行われております。

毎年2月上旬と7月下旬に行われ、主な会場は千葉県幕張市の見本市会場 幕張メッセを使用しております。

出展数は1,800を超え、来場者数も5万人を超える世界最大のガレージキットイベントです。

特徴として挙げられるのは「当日版権システム」というもので、既存アニメーションや特撮もののキャラクターを造形、販売する場合に、この当日版権システムというものが用いられます。

造形化の版権を買い取るのは多額の資金が必要となりますが、ワンフェス開催の当日だけという名目で格安での版権料で造形、販売をすることが可能となり、版権側からは「生産個数の上限」等が提示され、それに従う形で販売側は展示販売をワンフェス内で行っていきます。

尚、この当日版権システムがあるため、版権作品の造形物についての売れ残りは、ワンフェス終了時から退館までのあいだに「絶対破棄」がルール付けられておりますが、このような徹底により版権側とのトラブルもなく、永くイベントが続けられている要因ともなります。

 

ワンフェスが11位になった理由

7月30日日曜日に幕張メッセにて「Wonder Festival 2017 summer」が開催され注目を浴びました。

ネット上ではフィギュアやガレージキットと同じくらいにコスプレイヤーの画像が多数アップされ、そちらにも注目が集まっております。

また、同日、ワンフェスのホール内において、来年2018年に「ワンダーフェスティバル 2018上海」の開催も発表。こちらも関係者から大きく注目を浴びました。


ワンフェスのホームページなど

★ワンダーフェスティバル|Wonder Festival

 

超像可動『ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン』 ジャイロ・ツェペリ 限定版/ワンフェス2017夏WF /WFワンダーフェスティバル 【4580122812874】

価格:14,800円
(2017/8/3 12:35時点)
感想(0件)

 

ワンフェスのワンダちゃん 水玉螢之丞作品集/水玉螢之丞/さいとうよしこ【2500円以上送料無料】

価格:2,500円
(2017/8/3 12:36時点)
感想(0件)

 

ワンフェスの動向予想

検索ワード「ワンフェス」の過去1年の人気動向グラフです。

真ん中の大きな山は2017年2月に開催された時のもので、開催前後こそ盛り上がりはしますが、それ以外ではほぼ興味をもたれていないということがよくわかります。

ワンフェスの関連ワード

・フィギュア

・コスプレ

・フィギュア トピック

・コスプレ トピック

 

ネット上でのワンフェスについての関心は「フィギュア」と「コスプレ」に集まっているようです。

また、区域別では

1位 千葉県(開催地)

2位 栃木県

3位 東京都

4位 埼玉県

5位 神奈川県

と、上位は完全に関東に集まっており、世界最大の規模でのガレージキットイベントではありますが、全国規模的な催事とはなっていないようです。



ワンフェス(ワンダーフェスティバル)の価値を判断

それでは「ワンフェス」という検索ワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

ワンフェス ★★☆☆☆

 

正直なところ、もういまさら新しくこのワンフェスについてどうこうというのはないと思われます。

参考までに過去5年の人気度グラフも貼っておきます。

2012年からのグラフとなりますが、人気度がなだらかに下降していることがよくわかります。

とはいえ、ワンフェス自体の入場者数は、

2011年 38,000人

2012年 45,000人

2013年 47,000人

2014年 51,000人

2015年 55,000人

2016年 52,000人

※夏開催時のデータ

と、なだらかに上昇しております(2016年から下がってはおりますが)

これにはどういうワケがあるのでしょう??

理由は2つあり「リピーター率」が高いことと「運営側の宣伝力が低い」ことが云えます。

 

ワンフェスはリピーター率が高い?

ワンダーフェスティバルといった祭典的な催事の性質として、初参加者の「来年、若しくは次回も行こう!」となるリピーター率は高く、これはフジロックなどの野外フェスも同じです。

リピーターが多い場合、上記のような「来場数の増加はあるが、アクセス数は減少する」という現象が起きます。

そして、そのリピート期間は平均して約3.5年と云われております。

まだ今回の2017年7月の来場者数は発表されておりませんが、注目する点は2015年から2016年にかけて来場者数が減っていることです。

その3年前といえば2012年にあたり、2012年はネットでも大きく反響を得た搭乗して操作できる実物大 大型ロボット「クラタス」が話題を呼び、集客に加担しました。

また、翌年2013年は2012年から人気を博しているアニメーション「ガールズアンドパンツァー」での集客があり、ここでも新規客を大きく呼び寄せたと思われます。

そこらで得た大きな客数が、ここにきて平均リピート期間を過ぎたことから離れ始めているのが現状と思われます。

 

運営側の宣伝力が低い??

前述した2012年に出展された大型ロボット「クラタス」については、ワンフェスに出展されるという情報が事前からネット上で大きく出回っており、集客の大きな要素となっておりました。

私の周りでも、普段アニメやゲームに興味のない人物が「ワンフェスに行ってみたい」と話題に出したりと、世間的な話題を呼びこむことに成功しておりました。

しかし、今年2017年の大きな仕掛けは特になく、運営側はその辺はノータッチで「出展側まかせ」といった感がありました。

運営側としては開催してから発表の「上海でのワンフェス開催」が大仕掛けだったのでしょうが、商売の鉄則として「集客してから告知する」の優先順位を大きく間違えてしまっております。

 

このような運営側のマーケティング力の低さが、ネット上での検索アクセスの低下にもモロに露呈してしまっているわけです。

 

以上、7月30日日曜日11位ワード「ワンフェス」の動向予想でした。







-ショップ・アフィリエイト系ワード, 日記・話題系ワード
-, ,

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.