ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

情報・ニュース系ワード 日記・話題系ワード

【藤井四段】勝率88.6% 「藤井聡太」永世名人「森内俊之九段」撃破でどこまで突き抜ける!? この少年のドラマチックでリアルな物語を追いかけ未来のアクセスアップを狙う!?

更新日:


2017年9月3日日曜日の報告

将棋・プロ棋士としての公式戦連勝記録「29連勝」をもつ「藤井四段」こと藤井聡太が9月3日日曜日のGoogle急上昇ワードにて11位になりました。

9月3日日曜日の上位ランキグと、なぜ「藤井四段」が11位になったのか? そして「藤井四段」という検索ワードの動向について予想していきましょう。

2017年9月3日日曜日 急上昇ワード

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 小室圭
2 北朝鮮 核実験 ☆☆☆ ☆☆
3 仮面ライダービルド
4 Let It Be
5 佳子さま
6 北朝鮮 戦争 ☆☆☆ ☆☆☆
7 長澤まさみ ☆☆
8 イケア ☆☆☆
9 散歩する侵略者
10 タッキー&翼
11 藤井四段 ?? ??

表の見方

11位ワード「藤井四段」のワード分析はこの項目の下↓にあります

2017年9月3日日曜日の動き

「藤井四段」がGoogle急上昇ワード11位にランクインした9月3日日曜日の上位ランキングは以上のとおりでした。

皇族の「眞子さま」こと眞子内親王が小室圭との婚約内定を発表。2018年秋の結婚式を予定していると報じられ、祝福ムードにGoogle急上昇ワード1位に「小室圭」が見事輝きました。

また本日は、北朝鮮での核実験が行われたことが報じられ、こちらも話題となり2位にランクイン。

アメリカのGoogle急上昇ワードでも「North Korea」が4位にランクイン。

北朝鮮が核ミサイルを保有する国か否かということが世界中の注目する問題となっております。

 

【11位に注目!!】「藤井四段」について

藤井四段こと「藤井聡太」は2002年7月19日生まれ、愛知県出身のプロ将棋棋士。

2017年9月3日現在の段位は四段。棋士番号は307。

奨励会にて初段、二段に史上最年少で昇段し、2016年には14歳と2ヶ月という史上最年少での四段昇格およびプロ入りをしました。

デビュー戦である2016年12月24日の第30期竜王戦での対「加藤一二三九段」との棋戦から、公式戦においては2017年6月26日に行われた第30期 竜王戦 決勝トーナメント1回戦での対「増田康弘四段」との棋戦まで、負けなしの29連勝。

この29連勝はプロ棋士としての歴代史上最多記録となります。

当ブログ”ぐぐりば”においては2度めの注目となる藤井四段こと「藤井聡太

2017年6月10日木曜日の報告記事として注目させて頂きました。

【将棋・藤井聡太】負けなし最年少プロ棋士14歳のオフィシャルグッズ即売

”ぐぐりば”が、まだ現在の形に確立していない頃の記事で、改めて読むと「内容薄っ!!」という感じです・・・

藤井四段の29連勝は記憶に新しいと思われます。

テレビやラジオでこぞって報道が行われましたが、レポーターの多くが「将棋をよくわかっていない」方が多く、棋譜についてのレポートなどはそっちのけで、「対戦中になにを食べたのか??」などが大きく報道されたりと、そういった面でも話題となっていました。

なお、9月3日現在での藤井聡太の公式戦成績は「39勝5敗

勝率88.6%

連勝記録が29でストップしてから2ヶ月弱経ちますが、それから既に10勝。まだ5敗しかしてないのですね・・・無敵すぎます!!

藤井聡太 四段「公式戦成績」

勝利 対局日 勝敗 相手 公式戦名
12月24日 加藤一二三九段 竜王戦6組
1月26日 豊川孝弘七段 棋王戦予選
1月9日 浦野真彦八段 竜王戦6組
2月23日 浦野真彦八段 NHK杯予選
2月23日 北浜健介八段 NHK杯予選
2月23日 竹内雄悟四段 NHK杯予選
3月1日 有森浩三七段 王将戦予選
3月10日 大橋貴洸四段 新人王戦
3月16日 所司和晴七段 竜王戦6組
10 3月23日 大橋貴洸四段 棋王戦予選
11 4月4日 小林裕士七段 王将戦予選
12 4月13日 星野良生四段 竜王戦6組
13 4月17日 千田翔太六段 NHK杯1回戦
14 4月26日 平藤真吾七段 棋王戦予選
15 5月1日 金井恒太六段 竜王戦6組
16 5月4日 横山大樹アマ 新人王戦
17 5月12日 西川和宏六段 王将戦予選
18 5月18日 竹内雄悟四段 加古川青流戦
19 5月25日 近藤誠也五段 竜王戦6組決勝
20 5月2日 澤田真吾六段 棋王戦予選決勝
21 6月7日 都成竜馬四段 上州YAMADA杯
22 6月7日 阪口 悟五段 上州YAMADA杯
23 6月7日 宮本広志五段 上州YAMADA杯
24 6月10日 梶浦宏孝四段 叡王戦予選
25 6月10日 都成竜馬四段 叡王戦予選
26 6月15日 瀬川晶司五段 順位戦C級2組
27 6月17日 藤岡隼太アマ 朝日杯OP戦
28 6月21日 澤田真吾六段 王将戦予選
29 6月26日 増田康宏四段 竜王戦決勝T1回戦
7月2日 佐々木勇気五段 竜王戦決勝T2回戦
30 7月6日 中田功七段 順位戦C級2組
31 7月11日 都成竜馬四段 加古川青流戦
7月21日 三枚堂達也四段 上州YAMADA杯
32 7月24日 西川慶二七段 棋聖戦予選
33 7月24日 阪口悟五段 棋聖戦予選
34 7月27日 平藤真吾七段 銀河戦
8月4日 菅井竜也七段 王将戦予選
35 8月10日 高見泰地五段 順位戦C級2組
36 8月15日 小林健二九段 王位戦予選
37 8月22日 大石直嗣六段 朝日杯オープン戦
38 8月22日 竹内雄悟四段 朝日杯オープン戦
8月24日 豊島将之八段 棋王戦挑戦者決定T2回戦
9月2日 井出隼平四段 加古川青流戦
39 9月3日 森内俊之九段 NHK杯T2回戦

 

藤井四段が11位になった理由

9月3日、将棋のテレビ棋戦である、Eテレ「第67回NHK杯トーナメント」での藤井聡太四段と永世名人の資格を持つ森内俊之九段の棋戦がが生放送されました。

棋戦は94手で藤井聡太四段の勝利。

史上最多連勝記録をもつ藤井聡太四段と永世名人として、プロ棋士としては最強クラスのひとりに値する森内俊之九段の棋戦は、将棋ファンからたいへん注目され、Google急上昇ワードの11位にランクインしました。

 

藤井四段 の ホームページなど

★藤井聡太|棋士データベース|日本将棋連盟

 

藤井聡太 大志 TシャツB【Mサイズ】

価格:4,860円
(2017/9/5 06:41時点)
感想(1件)

天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃 [ 書籍編集部 ]

価格:1,490円
(2017/9/5 06:42時点)
感想(3件)

四段 藤井聡太「大志」【入荷予約】/ 棋士揮毫入り扇子/公益社団法人日本将棋連盟

価格:6,459円
(2017/9/5 06:42時点)
感想(0件)

四段 藤井聡太 ジグソーパズル/ 公益社団法人日本将棋連盟公式グッズ

価格:4,800円
(2017/9/5 06:43時点)
感想(0件)

 

藤井四段 の 動向予想

検索ワード「藤井四段」の過去1年(12ヶ月)の人気動向グラフです。

尚、検索ワード「藤井聡太」は「藤井四段」に比べて2倍以上のアクセス数があります。

世間的には「藤井聡太」の方が検索しやすいようですね。

グラフ的に、さすがに「29連勝」のときに比べて現在は人気の勢いはありませんが、一連のブーム以前よりも低空飛行時の高度を上げているので、しっかりとファンは根付いたものと思われます。

都道府県別人気度

1位 愛知県

2位 千葉県

3位 東京都

4位 埼玉県

5位 神奈川県

出身地、地元愛知県での人気度が堂々の第1位。素晴らしいことです。

また、上位に東京都、神奈川県といった都市部での都道府県を含め、千葉県、埼玉県といった人口が多い県が軒並みな並んでおり、都市部人気の高さを物語っております。


藤井四段 の 価値を判断

それでは「藤井四段」ならびに「藤井聡太」という検索ワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

藤井四段(藤井聡太) ★★★☆☆

 

将棋世界の歴史が動いている・・・そんな近年稀に見る状況で、もっと世間的に注目が浴びられているのか・・・? と、思いきや「そこまでではない」というのが現状。

2017年6月の「歴代記録28連勝を超えるのか!?」といった報道も、振り返ってみれば「ネタ欲しさのマスコミのゴリ押し」だったともいえます。

とはいっても実際に藤井聡太は史上最多の連勝記録を作り上げ、遡ること江戸時代から始まった将棋棋士の400年以上にも渡る歴史を覆したわけですから、それは大きく評価されるものです。

ただ、現状、そこまで世間がその凄さを「わかっていない」というのが事実です。

しかし「都道府県別人気度」でもわかるように、都市部での人気度は高く、今後ゆっくりと地方へと波及していきますので、そこまで悲観することもありません。

まだまだ、このワードは育ちきっていないだけなのです。

 

あと5〜10年後にブレイクする!?

さて、今回の2017年6月に起こった、藤井聡太による「将棋再燃」ですが、本当にこの炎が勢いを上げるのは5〜10年後かと予想します。

藤井聡太の話題により、世間的に大きく動いた層は60代以上の高齢層でした。

今回の「将棋再燃」は、将棋を趣味としている高齢層の方々が、このニュースで「将棋」というものを初めて知ったともいえる孫や曾孫に、将棋の素晴らしさを伝承する良い機会であったといえます。

子供用の将棋盤が在庫切れになるほど売れたというのがその事実を物語っており、14歳である藤井聡太の下、5歳〜10歳くらいの年齢層に大きな「将棋人口層」が出来上がったのです。

その年齢層が、もう少し年齢を上げ、高校生や大学生になった頃に、竜王や名人という称号をもった藤井聡太と共に今回以上の将棋ブームが来ると予想されます。

それまでは、将棋ファンの方や、将棋ブログを立ち上げている方達もしばらく辛抱です。

それら

種から芽が出た世代

がキチンと育つまで待ちましょう!

その為にも、いま現実で起こっているリアルタイムな藤井聡太の「歴史」をブログに書きとどめ、しっかりとしたアーカイブとして残しておきましょう。

 

以上、9月3日日曜日11位ワード「藤井四段」の動向予想でした。







-情報・ニュース系ワード, 日記・話題系ワード
-

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.