ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

情報・ニュース系ワード 日記・話題系ワード

【中村仁美】さまぁ〜ず大竹の妻であり2児の母。フジテレビを退社!? 【ヒアリ】の情報もあるよ!!

投稿日:

2017年7月7日金曜日の報告

 

株式会社フジテレビジョン社員で元アナウンサーの「中村仁美」が7月7日金曜日のGoogle急上昇ワードにて11位になりました。

7月7日金曜日の上位ランキグと、なぜ「中村仁美」が11位になったのか? そして「中村仁美」という検索ワードの動向について予想していきましょう。

 

 

2017年7月7日金曜日 急上昇ワード

 

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 中嶋しゅう
2 ヒアリ ☆☆
3 松岡茉優 ☆☆
4 天の川
5 藤井梨央
6 メイドインアビス
7 スプラトゥーン2
8 地震 ☆☆ ☆☆
9 満島ひかり ☆☆ ☆☆
10 京都大作戦
11 中村仁美

表の見方

11位「中村仁美」のワード分析はこの項目の下↓にあります

 

2017年7月7日金曜日の動き

 

中村仁美がGoogle急上昇ワードで11位にランクインした2017年7月7日金曜日の上位ランキングは以上のようになりました。

本日も急上昇ワードの1位は訃報でございます。

俳優の中嶋しゅうが、東京都豊島区の東京芸術劇場シアターウエストにて公演中の舞台「アザー・デザート・シティーズ」公演中に、舞台から75cmほど下の客席に落下し、死亡しました。

中嶋しゅうのご冥福をお祈りいたします。

第2位は「ヒアリ」

遂にヒアリが関東上陸。東京都品川区の大井埠頭のコンテナから発見されました。

今のところ、人的被害が起こってないことが救いですが、発見される範囲がどんどん広がっております。

当ブログ”ぐぐりば”でもヒアリについては度々取り上げておりまして、対策方法も記述してありますので、よろしければご参考下さい。

★【ヒアリ】台湾では防ぎきれなかった小さな侵略外来種が国内に侵入!! 我々ができる対応策は!?

 

また、本日も当ブログで7月9日より開催しております「女優王決定戦2017」にエントリーされている女優が1人、Google急上昇ワードにランクインしました。

3位・松岡茉優

7月8日土曜日よりスタートする日本テレビ系ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」に松岡茉優は主演の「錦戸亮」の妻として出演。

翌日からのドラマスタートに、テレビでの番宣CMやネットニュースで取り上げられ、3位にランクインしました。

★日テレ「ウチの夫は仕事ができない」ホームページ

 

【11位に注目】「中村仁美」について

 

「中村仁美」は1979年6月8日生まれのフジテレビ元アナウンサー。現在は人事局付。

夫はお笑い芸人の大竹一樹(さまぁ〜ず)

2002年にアナウンサーとしてフジテレビに入社。2011年に大竹一樹と入籍しました。

同2011年から産休育児休暇をとり第1子を出産。2013年から職場復帰。

その後2015年より再び産休育児休暇に入り第2子を出産。2016年に復帰。

現在は、フジテレビに退職願を提出し、人事局付となっています。

クイズ!ヘキサゴンや爆笑レッドカーペットなどバラエティ番組を中心に活躍した女子アナとして「ひとちん」や「ナカムー」の愛称で親しまれてましたね。

 

中村仁美のホームページなど

 

★中村仁美アナによるコラム「私と、その周辺のお話。」 - フジテレビ

 

中村仁美が11位になった理由

 

7月1日に中村仁美がフジテレビに対して退職届を提出

7月7日の同局での定例会見で宮内正喜社長より報道陣に対して発表がありました。

中村仁美は以前から子供との生活を優先するために、退職のタイミングを計っていたようです。

★中村仁美アナ退社報道でフジのアナウンス部に激震走ったワケ

 




中村仁美の動向予想

 

検索ワード「中村仁美」の過去1年の人気動向グラフです。

一番高い山は第2子を出産した時に報道されてできた山です。

中村仁美 関連ワード

・大竹一樹

・アナウンサー

・フジテレビ

・島田紳助

関連ワードは夫である大竹一樹、そして進行役アナウンサーとして担当していたクイズ!ヘキサゴンの司会である島田紳助が名前を連ねております。

 

それではデータも出揃ったので「中村仁美」という検索ワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

中村仁美 ★★☆☆☆

 

まず、今回「退社」という話題でGoogle急上昇ワードで11位にランクインした山の高さが、前回の大きな山である「第2子出産」を超えてしまったこと。

また、関連ワードに出産関連のことがないことから、世間はあまり中村仁美のプライベートに対しては関心が大きくないことがわかります。

やはり、アナウンサーとしてテレビの画面に映ってこその人物であるようで、今後アナウンサー業を辞めて仕事は続けていくとのことですが、テレビに露出しないようであれば必然的に忘れ去られていくでしょう。

直近で出演していた情報バラエティ番組「ノンストップ!」が関連ワードに上がるわけでもなく、以前のクイズ!ヘキサゴンに関連した島田紳助を未だに引きずっていることからも、視聴者が興味あるのは当時の若くて元気のある中村仁美であり、いまの中村仁美ではないようです。

毎年、新しいアナウンサーは各テレビ局に配属されていくわけで、中村仁美にとってはこの退職宣言が最後のスポットライトだったのかもしれません。

本来ならば★1つなのですが、もしかしたら退職において本人の記者会見等が行われるかもしれないので、★は2つになりました。

それでもあまり、アクセス数向上には期待できないですね・・・

 

以上、7月7日金曜日11位ワード「中村仁美」の動向予想でした。







-情報・ニュース系ワード, 日記・話題系ワード
-

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.