ブログ・サイトのアクセス数アップに役立つ「検索ワード」を紹介しています。ブロガーの方も、副業アフェリエイターの方も、セミリタイアで在宅ネットショッパーの方も、是非ともご利用下さい。

ぐぐりば

情報・ニュース系ワード

【北朝鮮 ミサイル】世間的に関心の高い急上昇ワード!! 発射される度にアクセスアップは図れるが・・・!? このワードの真の価値は!?

投稿日:

2017年8月24日木曜日の報告

8月24日木曜日はGoogle急上昇ワードのランキングは上位に検索数が集中し8位までしか集計されませんでした。

よって11位は存在しないものになりましたので。今回は現在世間的にたいへん関心をもたれております検索ワード「北朝鮮 ミサイル」について注目してみたいと思われます。

 

 

2017年8月24日木曜日 急上昇ワード

RANK 急上昇ワード 関心度 知名度
1 青い鯨
2 黒革の手帳 ☆☆
3 桑田佳祐
4 クロちゃん
5 サッカー日本代表 ☆☆
6 磯山さやか ☆☆
7 井上真央 ☆☆
8 高畑淳子

表の見方

注目ワード「北朝鮮 ミサイル」のワード分析はこの項目の下↓にあります

2017年8月24日木曜日の動き

高校野球の決勝が終わり、Google急上昇ワード上位の内容も一新される形となりました。

高校球児たちが甲子園で熱い戦いを繰り広げているなか、遥か遠くの地ロシアでは同じく高校生をはじめ子供たちが「Blue Whale(シロナガスクジラ)」というSNSゲームに参加し、最終的に自殺をするという青春を送っておりました。

この話題がネットニュース等で取り上げられ「青い鯨」というワードがGoogle急上昇ワードの第1にランクインしました。

ロシアでは2015年11月から2016年6月までの約半年の間に130人以上ものティーンエイジャーが自殺の犠牲者となっているこのSNSゲーム。

ロシアでは法改正につながる程の社会問題となっております。

下の写真は、このゲームのSNSグループのシンボルとして、腕やカラダの一部にナイフ等で掘られた「クジラ」のイラストです。

18歳未満の画像クリックorタップは禁止です

また、この画像をクリックorタップすると、このBlue Whaleにて自殺を遂げた「リナ・パレンコワ」という17歳の少女の画像投稿サイトにジャンプします・・・

最後の投稿として、電車に轢かれた後の少女の死体画像が投稿されております。

かなり精神的にキツい画像ですので、18歳未満の方のクリックorタップは禁止。また、そういう画像に対しての抵抗の低い方もお気をつけ下さいませ。

 

【このワードに注目!!】「北朝鮮 ミサイル」について

「北朝鮮」は「朝鮮民主主義人民共和国」の略称。

1948年に建国。ユーラシア大陸の中緯度に位置する朝鮮半島の北側に位置します。

建国前の1910年から1948年までは日本の統治下にあり、第二次世界大戦にて日本が敗北した後、ソビエト連邦(現ロシア)に占領され、軍事当地を受けました。

それを機に、金正日(キム・ジョンイル)が独立を宣言、朝鮮民主主義人民共和国を建国しました。

それにより軍事当地を行っていたソビエト連峰は朝鮮から撤収。独立国家としての北朝鮮の歴史が始まりました。

現在の最高指導者は金正恩(キム・ジョンウン)

政治体制は「資本主義の弊害を反対する平等で公平」な社会主義体制で、軍事が全てに優先するという先軍思想が国家の中核思想となっております。

「ミサイル」とは、ロケット推進によって飛翔し、誘導装置により的確に目標物へ向け飛行、破壊する軍事兵器のことです。

現在ニュースとなっている北朝鮮のミサイルは「弾道ミサイル」と呼ばれる種類のもので、射出された後、大気圏上層や大気圏外を飛行して「弧」を描くように目標物に向けて到達するタイプのものです。

 

北朝鮮のホームページなど

★朝鮮民主主義人民共和国ホームページ

 

粛清の王朝・北朝鮮 金正恩は、何を恐れているのか [ 羅 鍾一 ]

価格:1,944円
(2017/8/26 19:42時点)
感想(0件)

北朝鮮 金日成 100ウォン 1978 UNC

価格:810円
(2017/8/26 19:43時点)
感想(12件)

 

北朝鮮ミサイルについての経緯

新しい順に、2016年2月から始まった「北朝鮮 ミサイル」についての発射事例をまとめてみました。

8/26 日本海に向け、短距離ミサイル3発発射
7/28 深夜に弾道ミサイル発射
7/4 弾道ミサイル発射
6/8 日本海に向け、地対艦ミサイル数発を発射
5/29 弾道ミサイル発射。日本のEEZ内に落下
5/21 弾道ミサイル発射。日本のEEZ外に落下。北極星2型か 成功。実戦配備を指示
5/14 弾道ミサイル「火星12」を発射。日本のEEZ外に落下。防衛省は高度2000キロを超えたと推定→通常角度で発射した場合、射程は約4500~5000kmに 射程伸ばす。弾頭の大気圏再突入に成功したとの報道も
4/29 弾道ミサイル発射。失敗。北極星2型か?
4/16 弾道ミサイル発射。失敗
4/5 弾道ミサイル発射。失敗
3/22 弾道ミサイル発射。失敗
3/6 中距離弾道ミサイル「スカッドER」(射程約1000km)と推定される4発を発射。うち3発が日本のEEZ内に落下 命中精度向上
2/12 新型弾道ミサイル「北極星2型」を日本海に発射 →固体燃料を使用し移動式発射台からの発射に成功。即応力、奇襲力高める
2016年
9/5 中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300km)3発発射。約1000km飛行し、日本のEEZ内に落下 →移動式発射台から連続発射し、ほぼ同地点に落下。奇襲能力、命中精度向上
8/24 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射。約500km飛行 →SLBM最低射程の300kmを初めて超える
6/22 中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000km)と推定される2発を発射。1発は150km飛行し空中爆発。もう1発は400km飛行 初成功
4/23 SLBMを発射
2/7 長距離弾道ミサイル「テポドン2改良型」発射

失敗が多く見られますが、専門家によると「驚異的に技術が進歩している」とのこと。

日本の自衛隊が保有する軍事力では、北朝鮮が同時にミサイルを発射した場合、既に弾道ミサイルの日本本土への着弾を全て阻止することは不可能ともいわれております。

尚、表中にある「EEZ」とは、排他的経済水域のことで、天然資源や自然エネルギーの「主権的権利」領域のことです。

 

北朝鮮 ミサイルの動向予想

検索ワード「北朝鮮 ミサイル」の過去1年の人気動向グラフです。

大きな山が作られ始めた(関心度が高くなった)のは、2017年4月第2週あたりから。

3月22日、4月5日、4月16日と、毎週のように北朝鮮からミサイルが発射され、ニュース速報にあがった頃からです。

それからはミサイルが発射される都度注目され、山を作るようになりました。

北朝鮮 ミサイルの関連ワード

・日本

・核

・発射

・いつ

関連ワードの2番めに「」があります。

北朝鮮ではミサイル発射実験と同時に核実験も行われており、こちらもミサイル同様、日進月歩で驚異的な早さで進んでおります。

最終的には核を搭載したミサイルを配備していくのでしょうが、隣国である日本にとっては、北朝鮮がどこの国と戦争を行うにしても、日本上空をその核を積んだミサイルが通過していく恐れがあるわけで気が気ではありません。

都道府県別人気度

1位 長崎県

2位 島根県

3位 熊本県

4位 青森府

5位 福岡県

北朝鮮がある朝鮮半島に近い長崎県や島根県といった日本海側の県での人気度(関心度)が非常に高いことがわかります。

やはり近いだけあって、ミサイルが墜落してくる恐れもありますし、日本海側の県によってはミサイル発射速報に併せての、避難訓練が行われている地域もあるようです。


北朝鮮 ミサイルの価値を判断

それでは「北朝鮮 ミサイル」という検索ワードの価値を5つ星評価で採点します。

 

北朝鮮 ミサイル ★★★☆☆

 

アクセス数も高く、関心度も高いワードです。

「アクセス向上」ということには長けているかもしれませんが、その先にある「アフィリエイト収益」や「ネット通販」にまで繋がるか? というと、なかなか難しいものです。

ブログやホームページを見て、その後に購買意欲が湧く動機として「納得する」「共感する」「満足する」というものがあります。

ネット通販を扱ったページにはそれが特に重要で「購買意欲をそそるような」記事内容だけではなく、記事を見に来た読者が、その記事に対して「納得」「共感」「満足」をすることにより、改めて購買意欲のスイッチが入るわけです。

以前、架線内の事故により電車が遅延したことによりGoogle急上昇ワードの11位にランクインしたことから取り上げた「JR横須賀線」「小田急」の記事にも書いたように、

「事件、事故で調べた先の記事でのネット通販収益は少ない」です。

★【JR横須賀線】架線から火花!?毎月SNSを騒がせる事件事故に絶えない路線はどうなってるの!?

★【小田急】渋谷区で男性が電車にはねられ死亡!! 運転手は遮断機内で横たわるのを見た!? メジャーアクセスワードでアクセス数を稼ぐには?

北朝鮮からの「ミサイル発射」の速報があり、世間の人々がネット検索という方法で知りたいことは「どこに落ちるのか?」「いつ落ちるのか?」そして「避難が必要なのか?」ということです。

アクセスアップ、アクセス向上を望むのであれば検索ワード「北朝鮮 ミサイル」を使用しての記事作成はオススメですが、その先の「利益」を求めるのであれば、あまりオススメはできません。

やはり「楽しい記事」や「感動できる記事」が、いちばん利益には直結しますね!

 

以上、8月24日木曜日注目ワード「北朝鮮 ミサイル」の動向予想でした。







-情報・ニュース系ワード
-,

Copyright© ぐぐりば , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.